様々なエンジンの種類

2014年6月13日 / 未分類

自動車を走らせるためにはエンジンが必要になります。
この機関は燃料と空気を内部で爆発させてその力を推進力に変換させます。
この原動機になるものには幾つかの種類があります。

 

主にディーゼル、ロータリー、レシプロ、ハイブリッドといったものになります。
レシプロは乗用車の中で一番利用されている原動機です。
シリンダー内で爆発したエネルギーがピストンに働きかけ上下に動作しその運動をクランクシャフトを使って回転運動に変換し駆動につなげていきます。このレシプロを構成する四つの要素が4ストロークつまり「吸気」「圧縮」「爆発」「排気」となります。
ディーゼルも機関内部の工程は変わりませんのでレシプロの一種といます。赤ちゃん10

 

ロータリーは吸気、圧縮、爆発、排気の工程を機関内部で行いますが、クランクシャフトやバルブがありません。
機関本体のローターハウジングの中に組み込まれるパーツはローターと呼ばれ、おにぎり型で回転します。
これがレシプロのピストンに当たります。機関の動きにロスが少なく高回転型ですし、軽量、コンパクトという特徴を活用して、スポーツカーなどにもよく用いられてきました。

 

他にも内燃機関とモーターを併せ持つハイブリッドも多くの人に利用されるようになってきています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る