燃料の違い

2014年6月13日 / 未分類

レギュラーとハイオクの違いを答えろと唐突に言われても答えられない人が居るでしょう。
ハイオクは、正しくしくは、高オクタン価ガソリンと言います。
文字通り、レギュラーよりオクタン値が高いですが、これが高いとどういうことが起こるのか。
一つ目は。一つ目は、石油燃料を内燃機関で燃やしたときにノッキングしにくいという利点があります。
このノッキングですが、内燃機関にとりましては障害を与えるものですので、これを防げるというものです。

 

 

おもにヨーロッパからの高級輸入車や日本でも高級車の自動車の燃料は、大半がハイオク仕様です。

 

 

このハイオクですが、レギュラーより値段が高いですので、石油元売りはこぞってハイオクの開発や販売に力を入れています。

 

 

このハイオクですが、ハイオク仕様車はハイオクを入れないと大変な目に遭います。
と、言いますのもハイオク仕様はハイオクに合わせて作られていますので、そこにレギュラーを給油した場合、ノッキングが起こりやすくなりますし、場合によっては発火や炎上等の火災が起こりやすくなり大変危険です。

 

 

逆にレギュラー仕様車にハイオクを給油した場合は、元々レギュラーよりオクタン値が高いハイオクですので、それほどトラブルが起きません。

 

 

赤ちゃん09ただ、とんでもない感じがいる人が中にはいて、軽自動車に軽油を軽油を給油する人です。
あれは大変危険な行為ですのでやめましょう。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る