ディーゼルエンジン

2014年6月13日 / 未分類

少し前までは、ディーゼル車は排気がすごく空気を汚すからとマイナスなことが多く言われていました。

 

特に排気ガスのことで環境問題があり東京などでは高速道路にディーゼル車の乗り入れを規制したりしていました。

 

どうしても昔のディーゼルは黒いすすがでて汚れなどもなかなか落ちない様です。

 

現在ではクリーンディーゼルと言ってとても排気が汚れず進化しています。

もちろんこういった技術の進化のおかげで、それを採用している車は税金なども免税を受けています。

ディーゼルエンジン搭載車の素晴らしいところはそのクリーンディーゼルの軽油もさることながら燃費も良いことです。赤ちゃん11

 

家計にはとても優しく思えます。

燃費が一般車より少し良くて、軽油のガソリンスタンドでの販売金額は、ガソリン150円に対して130円位で入れることが出来ます。

20円もの開きならば月に100リッター入れる方でしたら、月々2000円もの差が出ます。

年間で考えたら24000円もの差になります。今はインターネットで任意保険も安く加入できますが、その軽油で浮いたお金でそういった保険にほとんどただで加入できるようなものです。今後クリーンディーゼルが追い風になってディーゼル車も増えていくかもしれません。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る